2006年07月26日

帰国前日同じ部屋になった方の職業は・・・

2005_0414〓[〓〓〓〓〓??0134.JPG このアボリジニの伝統の楽器を吹いているこの男性と同部屋になって写真を一枚撮影させてもらった。翌日、帰国となるのだがこの男性の職業は確かパイロットだったと聞いたが、勘違いしていなければ・・・
posted by hama at 01:17 | 日記

フリーマントルの海

2005_0414〓[〓〓〓〓〓??????0137.JPG フリーマントルの海はエメラルドブルーという色が適しているのだろうか、澄み切った綺麗な海を眺めパースに戻る事に・・・もう少し居たいと思った。
posted by hama at 01:12 | 日記

フリーマントルの街並み

2005_0414〓[〓〓〓〓〓??????0140.JPG 再びパースに戻ってパースイン、パースアウトでこの旅行は終わる前にパースから少し東にフリーマントルという街があり、パースの朝焼けを紹介してくれた方と一度訪れたことがあるがもう遠出は出来ないので一人で出かけてみる事に・・・
posted by hama at 01:10 | 日記

アデレードの街並み2

2005_0414〓[〓〓〓〓〓??????0126.JPG このバックパッカーで二泊目を過ごす。こちらでも日本人の方が沢山滞在していたが、街によって日本人の感じ方も違ってくるのは気のせいだろうか?だんだん日本的な嫌な感覚に・・・初めにオーストラリアに来たときに感じた日本人に何故か新鮮さを感じたが、終盤になるにつれてまた日本人化といったように思われているような気がしたが、自分がそういった態度を知らないうちにとっていたのかもしれない。
posted by hama at 01:06 | 日記

アデレードの街並み

2005_0414〓[〓〓〓〓〓??????0124.JPG アデレードの街並みは名古屋と豊橋を足して2で割ったような感じの都市。パース、アリススプリングスとは少し違った近代的な都市のイメージがあった。
posted by hama at 00:59 | 日記

大陸横断長距離列車ザ、ガン

2005_0414〓[〓〓〓〓〓??????0119.JPG 行きはパースから小休憩を挟んで一気にアリススプリングスを走ったインディアンパシフィック号に対しザ、ガンは一旦アデレードに二日間停まって、再びパースに向けて走る列車。

 そのほうが自分としても好都合だった。アデレードという都市を知ることができることと、列車の中で60時間は結構きついので調度よかった。
posted by hama at 00:54 | 日記

キャンプを最後に・・・

2005_0414〓[〓〓〓〓〓??????0113.JPG この二泊三日のキャンプも終えてアリススプリングスのバックパッカーに戻る前に参加者全員で写真撮影をお願いして記念撮影。少し名残惜しい気持ちもあるが、これでメインの旅行は終盤を迎えることに・・・
posted by hama at 00:47 | 日記

キングスキャニオンに古代生物が・・・

2005_0414〓[〓〓〓〓〓??????0100.JPG キングスキャニオンの地面に何億年前に生息していた貝の化石があった。エベレストも昔は海だったという説もあるようにキングスキャニオンも昔は海だったらしい。

 正確な表現は海だったのではなく、海にあった地層が地殻変動により盛り上がって出来た山脈といったのが正しいだろう。
posted by hama at 00:41 | 日記

キングスキャニオンの断崖絶壁

 裂けた絶壁を上から写真を取る際は座って取ることは禁物。ここで写真撮影をするには腹這いになって取らないといけないらしい。2005_0414〓[〓〓〓〓〓??????0103.JPG
posted by hama at 00:35 | 日記

キングスキャニオンの頂上

2005_0414〓[〓〓〓〓〓??????0087.JPG キングスキャニオンは、エアーズロックとは対照的に緩やかな上り坂が長く続き渓谷の絶景は目にも優しい。それでも危険地帯があるらしく、レンジャー部隊によるヘリコプターが飛んでいた。
posted by hama at 00:31 | 日記
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。